虫歯予防の歯磨き方法

       

歯科医院に行って、歯科衛生士さんに歯磨きの方法を教えてもらったことのある人は、非常に多い割合でいるのではないでしょうか。

ただ、歯科医師によって、それぞれ支持しているコンセプトがある場合がほとんどです。そこで、そのコンセプトが異なると、患者さんに指導する歯磨きの方法が大きく異なってくる場合があります。そこで、あちこちの歯科医院で、歯磨きの方法について教わっていると、それぞれの歯科医院によって、指導する歯磨きの方法が異なってくるために、どこの歯科医院で指導している歯磨きの方法を実践すればいいのか、戸惑ってしまう人もおおいのではないでしょうか。

虫歯になりやすいポイントは4つの要素で決められると考えられているのですが、それは、歯の質、細菌、食べ物、時間です。歯の質というのは、虫歯菌が出す酸に対して、歯がどれくらい耐えられるのかということです。細菌についてですが、細菌とは虫歯の最近のことで、歯磨きの方法が悪いと、虫歯ができやすくなってしまうことがあります。

食べ物についてですが、これは虫歯の細菌を退社する糖分が問題となってきます。時間についてですが、これは、食べ物を食べた後は、口の中が虫歯になりやすい状態になり、その状態が日常の生活の中でどの程度の長さになるかという問題があります。虫歯をしっかりと予防するためには、これらの4つをうまくコントロールしなければなりません。

このことを知っておけば、自然とどのようにして虫歯を予防できるのかについて分かってくるのではないでしょうか。

◎注目サイト
虫歯が酷くなって削るところが無くなってしまった際にはインプラント手術と言う方法があります。こちらは川崎にあるインプラントクリニックです・・・川崎 インプラント